宝財探偵所の迷宮事件

宝財探偵所が未解決事件に挑みます。

宝財探偵所の迷宮事件 ㉙-1012    仮谷さん拉致事件のつづき

 

  仮谷清志は三木武夫

 

 仮谷清志は、三木睦子(エリザベス女王と同一人物)ではなく、三木武夫である可能性が出てきた。

 三木武夫は、徳島県の農家の息子だったが、弁論が得意だったために有力者に支援を受けて代議士となり、その時に結婚した睦子が、森コンツェルンの令嬢だったようだ。

 三木武夫は、文京区大塚に別名の家を持っていて、それがK村家で、その娘がK村Y子である。K村Y子は、オウム真理教に入り、得意なマラソンでマラソン大会に出場し、それを麻原から褒められていて度々、マラソン大会の報告等を信者にしていたようだ。K村は、「苗字をU田だったことにしてくれ」と麻原に頼んでいるが、本来の名前はK村であり、三木武夫エリザベス女王の娘らしい。

 K村は、演歌歌手Мと結婚の約束をしているが、演歌歌手Мは、統一教会文鮮明と同一人物で、性関係を持った女の親を殺害し、財産を搾取し、一部を娘に返し経営を任せるというようなことをしている。

 演歌歌手Мは、顔の特徴から高橋克也であると思われ、婚約者のK村Y子が自ら父親を殺害し、菊地直子として指名手配されている。父親といっても、本物のK村Y子は、何らかの理由で1990年頃自殺を図って死亡しており、自殺した原因を作ったニセのK村Y子(ある都道府県で知事をしている人物)が三木の娘として大塚に住んでいたようだ。

 大塚のK村家には、埼玉県に別宅があったようで、その別宅が菊池という苗字だったようだ。菊地直子は、大阪の教養大学を卒業しており、教員の免許を取り教師の資格を持っているので、どこかの学校で教師をしている可能性がある。

 2011年に菊地直子として逮捕され2015年に無罪になったSという人物は、麻原彰晃の顔の人物の石井久子と同一人物で、K村Y子と同一人物ではない。つまり、菊地直子は、まだ逮捕されたことがないようだ。

 菊地直子の逮捕には、エリザベス女王の圧力がかかっているが、エリザベス女王は2022年10月頃に死去している。

 三木武夫の顔の一部が演歌歌手Мの顔の一部に似ている。

 平田信の部屋から提出された頭蓋骨は、1990年代半ばにオウム信者数人によって灰皿として使われていたが、この頭蓋骨の主が、仮谷清志である可能性がある。オウム信者らは、この頭蓋骨の主を「イナバ」と呼んでいた。